ローズコレクション

ピエール ド ロンサール

バラの殿堂入りをしており、多くの日本人を魅了する大人気のバラです。クリームとピンクのコンビカラーの花、短めの茎にたくさんの蕾をつけます。残念ながら香りはほとんどありませんが花持ちがよいバラです。大輪のため、開花すると自重でやや俯きます。

クライミングローズらしく2~3年で大きく育ちます。枝は太く、シュートも太いです。サイドシュートが1年で1~2メートルほど太く長く伸びますが、毎年同様のシュートがでてきますので誘引するスペースが必要です。株元も成長すると太くもりあがるので植え付けの時は他の植物との間隔や植える場所を充分考慮しましょう。

壁面が少ない我が家ではポールズヒマラヤンムスクといっしょにアーチ仕立てにしています。この組み合わせ、互いを引き立ててとても綺麗です。

育ててみた所感です。
花は非の打ちどころがないほど美しく、愛しすぎて3株も植えちゃったんですが・・・黒星病がすごいです。とくに花が終わりシュートがでてくる時期は成長のパワーを使うため、黒点病がでやすくなります。開花中から追肥をして葉を落とさないよう体力をつけてあげる必要があります。

反面、うどんこ病にかかった経験がありません。カイガラムシがついてしまうと大型株ゆえに手がかかりますが、春の開花をみるとそんな大変な気持ちも吹っ飛びます。

1985年 / フランス / クライミング / 返り咲き / 大輪 / 微香