ローズコレクション

ルージュ ピエール ドゥ ロンサール

リッチなクリムゾンレッドの花色をしたルージュ ピエール ドゥ ロンサール。蕾が大きくカップ咲きからロゼット咲きになり、ダマスクにティーの混じった強香が魅力的なバラです。ルージュは、四季咲き性でよく蕾がつきます。ピエールとはそのあたりの性質が違う、というか全く違うバラだと思っています。

やや赤みのある病気に強い照り葉と、太い茎が特徴的です。茎はまげにくいので、枝をのばしてつるバラ仕立てにするならフェンスのほうが仕立てやすいかと思います。私は段差剪定をいれながらガゼボにゆる~く留めています。その方が花がたくさん楽しめるから。

花型が似ていることを除けば、ピエール・ド・ロンサールよりも病気に強いし扱いがずっと楽です。ロサオリエンティスの木村卓功さんが、オススメのバラのひとつとして挙げておられます。

2002年 / フランス / メイアン / シュラブ / 四季咲き / カップ咲き / 中大輪 / 強香 / 2.0m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA