ローズコレクション

カーディナル ド リシュリュー

カーディナル・ド・リシュリューはある偶然によってアトリエにやってきました。ローズショップで購入したブラッシュノワゼットの新苗が、翌年開花してみたらカーディナル・ド・リシュリューだったのです。

柔らかい色合いのバラだと思っていたのに濃紫紅のバラが咲いたときの驚きったら!かわいいからそのまま育ててますけど、誘引のイメージがブラッシュノワゼットとは違ってくるのでガーデン設計も変わってきます。

カーディナル・ド・リシュリューは丈夫なので、誘引スペースさえちゃんと考えれば育成は手がかかりません。深みのある濃紫色のガリカ系オールドローズは一株で庭をシックにみせてくれます。咲きすすむとやや青みがかり、その褪せた色合いも趣があります。まっすぐに蕾があがって顔が上向きなのもよいです。

1株でも、低めのフェンスに横に3メートル以上も仕立てることができます。早咲きのバラなので、いっせいに咲き始めた時は中輪ながら迫力があります。

トゲがほとんどないので人が通る場所に植えるのに向いています。コンパクトなつるバラとして扱いやすく、価格も高くないのがいいですね。病気よりも、なぜかハキリバチに狙われます。葉がやわらかいせいかも?

ちょっと小話
カーディナル・ド・リシュリューという名前は、17世紀にルイ13世の宰相として知られたフランスの政治家・リシュリュー枢機卿から名づけられています。肖像画をみると怖そうなヒゲのおじさんです。彼が深紅の装束や持ち物を愛用したことから、それが枢機卿スタイルとして確立され、今では枢機卿(cardinal)という単語に「深紅の」「緋色の」という意味が含まれるようになったのでした。

そんなフランス宰相も、新苗はホームセンターで1000円程度で手に入るのが嬉しいですね。

1847年以前 / ガリカ – gallica / 一季咲き / 中輪 / 微香