ローズコレクション

フェリシア

画像でみた印象と、実際の花のイメージがかなり違うなと思ったバラです。ネットの画像では白っぽい花に見えたのですが、実際に咲いてみるとコーネリアよりもずっとピンクが濃いと思います。 花は中輪なので、開花すると見応えがあります。

横に広がらないタイプのつるバラなので、扱いが楽ですが、枝はしなりにくく、オベリスクに留めるのはいいけれど、巻くのはちょっと厳しいかなという印象です。私はアーチにしたので楽でしたが、意外と樹勢が強くなくてゆっくりと成長するバラだったので完全なアーチになるのは結構な年月がかかりそう。フェンスなどのほうが向いているかもしれません~。

うどんこ病に弱いのですが、陽あたりが強すぎない場所で葉水をしっかり与えれば、さほどうどんこ病にかかりません(というか、フェリシアでまったくうどんこ病をだしたことがない)

繰り返し咲く、可憐な雰囲気が昔から人気を集めているようです。 正直言うと、最近育種されたつる質のシュラブのほうが扱いはずっと楽だし花も多く楽しめると思います。 そういう点で、好みがはっきり分かれるバラかもしれません。

1928年 / イギリス Joseph Hardwick Pemberton / HMsk つるバラ / アプリコットピンク / 丸弁咲き / 中輪 / 中香 / 繰り返し咲き / 1.8m