ローズコレクション

シャリマー

シャリマーを育てた感想をつづっていますので日々、更新しています。新しい情報はページ最下部になります。今のところ、暑さ・日陰にもそこそこ強さをみせています。病気にも全くかかりません!

—-

バラの家から、今年の新品種「シャリマー」の新苗が届きました♬
シャリマーというと、 インドの皇帝と愛妃のラブストーリー にインスピレーションを得て作られたゲランの香水が有名。 意味はサンスクリット語で「愛の神殿」だそうです。

とっても丈夫との噂で、ウドンコ病・黒星病がでないんだとか。 無農薬で育成できそうなのでポタジェに植えてみました。イギリスのTV番組でみた、レイズドベットのポタジェの真ん中にバラを植え、その周りで野菜を育てている憧れのポタジェを実現。ポタジェは低農薬使っているのでバラにもいいかも♬

シャリマー 植えたばかりです

さて、2カ月たった現在のシャリマー(新苗)の様子はというと、移植して1ケ月目に早くも蕾がついたのでピンチ。その翌月にまたまた蕾がついてしまい、気が付いたときには大きくなっていて、、、ひとまず1~2輪は咲かせてみようかと。

すでに房咲きの気配♬ 白い花色がみえています

届いたときの明るいグリーンの葉ではなく、全体的に深緑の葉になり、新葉には赤味がさし、赤系バラの特徴がでてきました。葉の厚みは平均的かな、モンクゥールやダフネほど分厚くないです。

枝を増やしたいので、棒をつかって枝を外側に広げました。鉢についてくるラベル棒を活用しています。(ラベルは外して大切に保存しています)

2本、まっすぐな枝があったので、それぞれ外側へ誘引

2019年7月に開花しました。
2輪だけ開花させて、花色などを観察。最初は外側のペタルが広がっています。

咲き始めのシャリマー(1年目)
梅雨が長くて花弁にやや痛みがでています
シャリマー は中に花弁が詰まっており、開くと華やか

蕾のサイズから想像できないほど花弁が多い、小ぶり寄りの中輪バラでした。香りはふんわりやわらかいです。真夏は陽当たり良好なのですが、秋冬は日陰になる場所なので秋の返り咲きは少なかったです。秋花はややオレンジ色系の柔和な色合いになりました。

それにしても全く農薬をかけない(ベニカもなにも)でも虫もつかない、病気もでない。さすがバラの家タイプ基準0だなぁと。丈夫ですが樹勢はそれほど強くない感触で、とてもロサオリエンティスっぽいと思います。 ちなみに、私の育てたバラで樹勢が強いと思うのはギーサヴォアやブノワマジメルです。それと比べると枝の張りなども華奢だと感じています。

シャリマーは11月以降も蕾がつきました。枝を広げすぎると発育がやや遅くなるので、やや上向きに微調整しています。来年は良いシュートがでてくれそうだし、これから3年ぐらいで充実していくんじゃないでしょうか。

シャリマー冬剪定

1年目の冬を越しました。
写真だとわかりにくいですが、樹高80センチぐらい。1年目にしては大きいと思います。このスペースは冬場は全く陽が差さない場所なのですが黒点病・うどんこ病・カイガラムシ等も全くでませんでした。元気いっぱい、恐るべしシャリマー!すでに新芽もではじめました。野菜畑でもあるので肥料は有機魚粉系をあげています。

引き続き育成状況は随時このページを更新します。

2019年 / 日本 ロサオリエンティス / シュラブ / ロゼット咲き / 中輪 / 中香 / 四季咲き / 樹高1.3m