ローズコレクション

ブラン ピエール ド ロンサール

銘花「ピエールドロンサール」の枝替わり品種。
花色のピンクが薄い以外は、ほぼ性質がピエールと変わりません。普通に大きくなるつるバラ(LCL)です。

咲き始めのブランピエール

咲き始めの感じも、本家ピエールによく似ていますが、ややこちらの方が白さが強く上品な印象です。

開花したブランピエール

蕾は3センチほどの高さがあり、開花の時はしっかり上向きに咲きます。香りがない代わりに花もちがよく、花の厚みがあるのでゴージャスな雰囲気です。

咲き終わりのブランピエール

開花が終わりに近づくと花色が一層あせて、花芯が黒ずんできます。この状態でも意外と花自体はしっかりしていますが、ここで花殻を切っておかないと花弁が飛んで、他のバラの葉について病気をもたらすことになりかねないので早めに花殻はとるようにしています。

ピエール兄弟は、上に伸ばすと管理が大変になるので、強剪定と低めの誘引によって枝の成長をコントロールしています。左右2メートルほどでも充分見ごたえのある株になりますよ。

2005年 / メイアン / つるバラ / カップ咲き / 大輪 / 微香 / 3.0m